ぎょぎょ、もくもくもく⑩

2013.9.14青磁社刊行
『魚目句集』より

結構な人見知りで、知らない人ばかりの空間に行くとそわそわします。何も食べずにやたらと酒を飲みまくっている時は、かなり緊張している時です。
ちなみに、それなーに?と珍しい食べ物にも箸を伸ばしている時は、リラックスしている時です。

なので結局、よく知っている人としか遊ばないんですが、僕が信頼して遊ぶ人達を眺めると、あ、そっか、この人達ほとんどが「人見知り」なんだと気がつきました。「人見知り」の人とは初対面から仲良くなれることが多いです。

先日、直さんと文代さんと三人で昼酒をしたのですが、最高に居心地が良かったです。
「人見知り」は小人数の飲み会が大好きなのです。

『紅爐抄』の続きより。

冬を病む花も古人も一時に

花や古人や思い出や。

神の蛇にはよお眠りと老のこゑ

さぁ、眠りなさい~♪

きのふは一人西行庵へ竜の玉

今日は今日で。

鴛鴦(おし)あゆむ氷の厚きところかな

ひたひた。「厚き」が良い。

萩刈つて赤子のあたまほどの石

ごろりん。

伊勢海老にあゆめあゆめと被布の人

水族館で、伊勢海老にこっちおいで~とやると、結構来ます。僕は生き物によく話かけます。

羽子板の大きな顔も山のかげ

涼しさもある。下五で新鮮になった。

柿踏むや闇まつさきに目を奪ひ

柿踏むは嫌や。

すでにして針のひかりに氷る木曽

好きな句です。木曽はこういう句によく合う。「木曽」を使いこなしてみたいなぁと思うのですが、難しいんですよね。

春潮や墨うすき文ふところに

うすうす。

蕨出で鳥のごとくにかるき墨

かるかる。

春暁の古墨の中にしぶくもの

違いのわかる人、魚目さん。

この句集、あと一回やります。

じゃ

ばーい