野口る理 プロフィール(~2015)

雑誌・新聞など

・『俳句 10月号』(角川文化振興財団、2015)特別企画〈私の好きな「果物」の一句〉8句選と小文寄稿
・『ku+(クプラス)2号』(ku+、2015)〈うーふー〉にインタビュー記事
・『俳句 8月号』(角川文化振興財団、2015)〈精鋭10句競詠〉作品「変身」と小文寄稿
・『俳壇 6月号』(本阿弥書店、2015)〈特集◆母を詠む、父を詠む〉作品とエッセイ寄稿
・『俳句 1月号』(KADOKAWA、2014.12)〈230名が選ぶ!注目の若手俳人21〉作品7句「謹賀新年」と小文寄稿
・『子規新報』(創風社、2013)「次代を担う俳人たち」インタビュー
・『俳壇 7月号』(本阿弥書店、2012)特集「恋の歳時記」句とエッセイ寄稿
・『小熊座 3月号』(小熊座俳句会、2012)一句鑑賞寄稿
・『俳句 3月号』(角川学芸出版、2012) 新鋭俳人20句競詠「忘却」寄稿
・『傘 vol.3』(2011.12) エッセイ「掴めなくても」寄稿
・『ふらんす堂通信 130』(ふらんす堂、2011.11) 「俳人インタビュー」掲載
・『SPUR 12月号』(集英社、2011) 「モードなわたくしが、ここで一句!」参加
・『俳句界 11月号』(文學の森、2011) 「夜」5句寄稿
・『俳句界 9月号』(文學の森、2011) 「ピックアップ話題の新鋭」インタビュー
・『現代俳句 9月号』(現代俳句協会、2011) 「[ポスト造型論]レポート」寄稿
・朝日新聞 (2011年4月12日夕刊) 「空の下」15句寄稿
・『ふらんす堂通信 127』(ふらんす堂、2011.2) 「はるかなる詩」再掲
・『界遊 3号』(KAI-YOU、2010)「俳句やろうぜ!界遊句会!!」参加
・『現代俳句 5月号』(現代俳句協会、2010)「はるかなる詩」寄稿
・『ふらんす堂通信 121』(ふらんす堂、2009)「『海藻標本』書評」寄稿
・『俳句 2月号』(角川学芸出版、2009)「博物館の庭」8句寄稿

ウェブ

・「詩客」(2012.5.14) 「二人」10句寄稿
・「週刊俳句 249号」(2012.1.29) 「留守番」7句寄稿
・「週刊俳句 229号」(2011.9.11) 「週俳8月の俳句を読む」寄稿
・みづいろの窓(2011.8.1) 「野菊は、可憐で儚い花だ。」寄稿
・「ウラハイ=裏週刊俳句」(2011.6.22) 「週刊俳句・第216号を読む」寄稿
・「週刊俳句 200号」(2011.2.20) 週俳アーカイヴ「50~59号」担当
・「週刊俳句 184号」(2010.10.31) 詩歌梁山泊「第1回シンポジウム宛名、機会詩、自然」レポート(後編)「かさなるスペクトル
・「週刊俳句 183号」(2010.10.24) 詩歌梁山泊「第1回シンポジウム宛名、機会詩、自然」レポート(前編)「つくられるプリズム
・「四国おへんろ.net」コンテンツ 「私のお遍路体験記~八十八ヶ寺と奏でる私の詩~」偶数寺担当
・「週刊俳句 176号」(2010.9.5)「傘創刊前夜祭」席題句会U-30参加
・「週刊俳句 129号」(2009.10.11)「言葉をものとして」寄稿
・「週刊俳句121号」(2009.8.16)「実家より」10句寄稿

出演・シンポジウム・講師など

・《野口る理と句会を楽しむ》NHK学園国立本校オープンスクール講師(2016.1~9)
・《野口る理の俳句入門》NHK学園国立本校オープンスクール講師(2016.1~9)
・NHKラジオ第一「2日の夜はぷちぷちケータイ俳句」選者(2016.1.2)
・第140回現代俳句協会青年部勉強会〈読み直す新興俳句 何が新しかったのか ①高屋窓秋〉司会(2015.9.15)
・第18回松山俳句甲子園地方予選・東京大会審査員(2015.6.14)
・第138回現代俳句協会青年部勉強会〈蛇笏・龍太再読 風土詠を問う〉司会(2015.6.7)
・NHK Eテレ「NHK俳句」ゲスト出演(2014.5.4)
・NHK-BS「ニッポン全国俳句日和」アシスタント出演(2010.10.23)
・NHK-BS「俳句王国」出演(2010.1.16)
・NHK-BS「ニッポン全国俳句日和」出演(2009.10.25)
・NHK-BS「俳句王国」出演(2005.8)

One thought on “野口る理 プロフィール(~2015)

Comments are closed.