野口る理 プロフィール

1986年4月25日 鳥取県生まれ徳島県育ち
現在、東京都在住
句集『しやりり』(ふらんす堂)→スピカのお店
共著『俳コレ』(邑書林)、『子規に学ぶ俳句365日』(草思社)、『天の川銀河発電所』(左右社)、『新興俳句アンソロジー』(ふらんす堂)等
修士論文「『パイドン』におけるミュートス ―プラトン哲学の再考―」

自選十句(2015)

わたくしの瞳になりたがつてゐる葡萄
初雪やリボン逃げ出すかたちして
家にゐてガム噛んでゐる春休み
露の世や黒さまざまにチョコレート
しづかなるひとのうばへる歌留多かな
走りだす人の呼吸に蜂がゐる
雪降るかガムシロップの蓋くるん
小瑠璃飛ぶ選ばなかつた人生に
パイナップルジュース一口これは陽射し
此の世とは私たちの世泳ぎ来よ

定期講座

《くるり》毎月第三木曜 10:00‐12:00 (最寄駅=荻窪)
お問い合わせ→スピカ

《俳句日和》毎月第三土曜 10:30-12:30 (最寄駅=川崎)
お問い合わせ→よみうりカルチャー川崎校

最近の主な仕事(雑誌・新聞・ウェブなど) →2016年以前のものはこちら

・『俳句四季 10月号』(東京四季出版、2019)〈座談会 最近の名句集を探る64〉ゲスト
・『俳句四季 9月号』(東京四季出版、2019)〈座談会 最近の名句集を探る63〉ゲスト
・『俳壇 9月号』(本阿弥書店、2019)「街角」巻頭10句寄稿
・『俳句 8月号』(角川文化振興財団、2019)新興俳句特集〈無季の秀句10〉「俳句とは何かを問う」寄稿
・『現代俳句 5月号』(現代俳句協会、2019)「昼の記憶」8句寄稿
・『俳句 1月号』(角川文化振興財団、2018)〈私の初句会の一句〉寄稿

・『水原秋櫻子展―現代俳句の出発』(日本現代詩歌文学館、2018.3)〈秀句鑑賞〉寄稿
・『俳句 4月号』(角川文化振興財団、2018)「。。。」10句寄稿
・『NHK俳句 4月号』(NHK出版、2018)〈俳人発、俳人着〉「雪女の春」5句寄稿 江渡華子による紹介論あり
・『俳句αあるふぁ 春号』(毎日新聞出版、2018.3)「春の塒」7句寄稿

・『俳句 10月号』(角川文化振興財団、2017)〈座談会 俳句のいまとこれから〉司会
・『「俳句」創刊65周年記念付録 現代俳人名鑑Ⅱさ―の』(『俳句 6月号』角川文化振興財団、2017)代表句10句・作句信条寄稿
・『俳句と超短編 vol.5』(2017)〈超短編から俳句へ〉1句寄稿
・『俳句 5月号』(角川文化振興財団、2017)〈一字に込めた思い〉へ寄稿
・『俳句αあるふぁ 4‐5月号』(毎日新聞出版社、2017)〈特集 明日を担う俳人〉代表5句・モットー寄稿
・『俳句 4月号』(角川文化振興財団、2017)合評鼎談担当
・『俳句 3月号』(角川文化振興財団、2017)合評鼎談担当
・『俳句 2月号』(角川文化振興財団、2017)合評鼎談担当

最近の主な仕事(出演・シンポジウム・選句など) →2016年以前のものはこちら

・「まのあたり句会」司会(2019.9.2)
・第22回松山俳句甲子園地方予選・東京第一会場審査員(2019.6.9)
・第1回「子育て俳句フォーラム」パネリスト(2019.5.19)

・第20回NHK全国俳句大会・一般の部選者(2018)
・定期講座《俳句日和》JEUGIAカルチャーセンター川崎校(2013.11-2018.8)
 →定期講座《俳句日和》よみうりカルチャー川崎校

・定期講座「ゆうゆう句会」講師 at新高円寺(2016.1-2017.12)
・「COTONOWA 俳句講座」講師・全三回 at京急百貨店(2017.9-11)
・「憩いの森のある暮らし体験講座 in 大泉 俳句づくりで森の自然をもっと楽しもう!」講師(2017.12.3)
・第19回NHK全国俳句大会・一般の部一次選考選者(2017)
・第15回JAL財団「世界こどもハイクコンテスト」第一次審査委員(2017)
・第20回松山俳句甲子園地方予選・東京第一会場審査員(2017.6.11)

16 thoughts on “野口る理 プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です